プログラムの概要と目的

多言語・多文化交流<パフォーマンス合宿>は、公益財団法人国際文化フォーラム(TJF)の設立30周年記念事業として、2017年度にはじめて企画して以来、毎年実施するものです。

合宿では、多様なことばと文化をバックグラウンドに持つ日本在住の高校生(及び高校進学を目指す同世代)と、多言語・多文化交流に興味を持つ日本人高校生が参加し、寝食を共にしながら、「演劇ワークショップ」を中心とした交流活動を行います。

合宿を通じて多文化共生の大切さを体験し、「一人ひとりの個性を尊重し、多様性と創造性に富む社会」を創るための力を伸ばすことをめざします。

2018年度募集用ポスター(PDF)
poster

合宿の目標

多様な高校生が「演劇ワークショップ」を通じて

ことばと身体で自分を表現する

創造性を刺激し合い、異なる他者を理解する

協働し、バックグラウンドの違いを超えてコミュニケーションを図る

2018年度の実施概要

主催:公益財団法人国際文化フォーラム(TJF)

期間:2019年3月25日(月)~28日(木)

場所:大学セミナーハウス(東京都八王子市)

参加者:
多様な文化的ルーツを持つ日本在住の高校生 15名
多言語・多文化交流に興味を持つ日本人高校生 15名
※はじめての参加に限る(リピート参加はできません)

参加費:無料(交通費補助制度あり)

募集方法:学校または支援機関からの推薦(各機関の推薦人数は2名まで)
※個人の申込は受け付けません。
※推薦された応募者が定員を超えた場合は、選考のうえ参加者を決定します。

募集期間:2018年9月3日(月)~12月3日(月)(期間中に募集要項配付)

こんな高校生にぜひ応募してほしい

多様な文化的ルーツを持つ日本在住の高校生

  • 両親のどちらか、または共に外国人である人
  • 海外在住日系人を親に持つ人
  • 特別永住者を親に持つ人
  • 帰国者を親に持つ人
  • 親の駐在などで、海外在住経験を持つ人……など

多言語・多文化交流に興味を持つ日本人高校生

  • 多様なことばと文化をバックグラウンドに持つ同世代と交流したい人
  • 多様なことばと文化を学びたいと思っている人
  • 異なる他者と協働することを通じて自己表現力を高めたい人
  • 演劇ワークショップに興味を持つ人
  • 多文化共生社会を体感したい人……など

その他の応募条件

  1. 合宿の全日程のすべての活動に参加できる人(部分参加はできません)
    ※介助が必要な場合はご相談ください。

  2. 高等学校、各種学校に在籍し、合宿参加時には15歳以上~20歳未満である人
    ※各種学校は、外国人学校やフリースクールなどを含む

  3. 多様なことばと文化をバックグラウンドに持つ日本在住の高校生の場合、日本語学習歴が1年程度以上であることが望ましい(活動の指示などは原則としてやさしい日本語で行います)

合宿プログラム(予定)

合宿の主な活動である「演劇ワークショップ」のプログラムは、プロの演出家、俳優、ダンサーなどからなるファシリテーター・チームによって作られています。合宿ではファシリテーター・チームによるていねいなサポートのもと、参加者一人ひとりが協力し合いながら、主体的にプログラムを進めていきます。

1日目

12:00 会場最寄り駅集合、移動
13:00 会場到着、受付
13:30 合宿ガイダンス
14:00 ウォーミングアップ活動(交流ゲームなど)
夕食後、お楽しみタイム

2日目 

演劇ワークショップ(日常的な動作を組み合わせたムーブメント活動を含む)
夕食後、ドキュメンタリー映画鑑賞

3日目 

演劇ワークショップ(パフォーマンス作品づくり)
夕食後、発表会リハーサル

4日目 

発表会
振返りの会
送別パーティ
14:00 会場最寄り駅解散

※プログラムの詳細は現地の事情により多少変更することがあります。